職場での葬儀の忌引き明けの挨拶

葬儀に参列するためや喪主として葬儀を執り行う立場にならなければならない時、忌引き休暇を取ることも必要になってきます。社会人としての対応が問われるのは、葬儀が終わり、忌引き休暇が終了した忌引き明けにあるといっても過言ではありません。

実際に調整しながら休みを取ることが不可能な忌引き休暇の場合、その穴を埋めるためには内部で色々と対応していかなければいけないでしょう。社会人として、だれにでも起こりうることではありますが、常に協力できるような体制も整えていくことが求められます。さまざまな部署や関係者にも協力してもらって調整していかなければいけないのも確かでしょう。

忌引き明けで出社する前には、電話やメールなどで連絡を入れておくことは、社会人としては常識的なレベルです。一般的には香典もいただくことになるので、このことに対してもお礼を述べておくことが必要になります。献花などのお礼も伝える機会でもあるので、復帰前には何らかの連絡を入れておくとその後の対応がスムーズです。

他部署にも連絡を入れる必要が出てくる場合があります。所属部署だけで済めば問題はありませんが、そんな単純なことではなく、他部署でもいろいろとサポートしてもらうこともあるでしょう。葬儀に参列してくれる場合もあります。そこで、気持ちをしっかりと伝えることが大切になってきます。メールでも構いませんので、お礼を伝えておくといいでしょう。お互いさまの部分になってくるのですから、挨拶は欠かさないようにしていかなければいけません。

実際に忌引き明けに出社した時には、まずは上司への挨拶が必要になってきます。できればいつもよりも早めに出社するなどして、業務以外の時間の中で挨拶をするといいでしょう。電話やメールで謝礼をしたとしても、しっかりと直接にお礼を伝える心が大切です。取引先などにご迷惑をかけた時にも、きちんと伝えるようにしましょう。早めに伝えられる状況を作っておくと、今後何かあったときにも、スムーズに進めることができるでしょう。