葬儀の忌引き明けをスムーズに進めるために

葬儀によって、休みを取らなければいけないことは、だれにでもあることです。お互いさまであり、周囲もできる限りサポートしていくことが求められるでしょう。だからこそ、社会人として、そのあとの行動が問われることになってきます。

忌引き明けで出勤する時には、頂いた香典を事前にチェックしておくことが大切です。俗物的と思われるかもしれませんが、香典返しの基本は半返しにあります。香典が1万円だったのと10万円だったのでは、香典返しは当然異なるものとなるでしょう。額をしっかりと確認しておかなければ、このお礼を伝えることもできなくなってしまいます。香典返しは葬儀の時に渡してしまうのが通例となりました。しかし、高額な場合には、その場で対応することができません。そこで別途お返しを考えるというのが、一般的な流れです。特に会社の上司になると、高額になることもあるため、直接手渡しするという場合もあります。少し早めに出社して、話ができるようにするのも方法の一つです。きちんとお礼をするとともに、ご迷惑をおかけしたことをお詫びすれば、忌引き明けもスムーズに進んでいくことになるでしょう。

会社から弔電や供花をいただくといったこともありますし、連名で香典をいただいているという場合もあります。個別にお返しを考えることも必要になりますが、まずは菓子折りなどを持っていくことができれば、話もしやすくなります。こうした時の菓子折りは、賞味期限が長いものにすれば、その時に会えなかった人でも渡すことができるようになります。できるだけ個別包装のものを選ぶと渡しやすくなるので、そういったことも配慮して選びましょう。机の上に一言沿えて置いておくだけでも、気持ちは伝わるものです。

連名の場合には、香典返しとしてハンカチなどを返すことが一般的ですが、その場合にも前段階でお菓子などがあれば気持ちも伝わるでしょう。決して高価なものである必要はなく、感謝の気持ちを伝えられるかどうかが忌引き明けをスムーズに進めるポイントになるでしょう。